在宅可! パソコンを使うおすすめの仕事を紹介 | 未経験で働ける種類も

パソコンの普及により、在宅で行える仕事が増えています。テレワークやリモートワークだけでなく、家庭の事情により外で働けない方や、時間に縛られず働きたい方などが、在宅でパソコンを使う仕事を選んでいます。この記事では、その中からとくにオススメの仕事を紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

在宅勤務が可能な仕事


最初に、パソコンを使った在宅勤務が可能な仕事についてご紹介します。

需要が高まっているエンジニア

エンジニアつまり技術者には、プログラマー、システムエンジニア(SE)など、さまざまな種類があります。

システムエンジニアは、クライアントの要望に応じて設計・構築する仕事です。顧客へのヒアリングやチームをまとめることも求められるため、技術だけでなく高いコミュニケーション能力も求められます。

プログラマーは、システムエンジニアが作成した設計書をもとに、実際にプログラミングするのが仕事です。実装後にテストしたり、問題が生じた際にエラーを修正したりすることも業務に含まれます。

エンジニアの案件は、単価が高い傾向が見られるため、高収入を目指したい人におすすめの職種です。在宅で行うにはプログラミングの技術はもちろんのこと、高機能のパソコンも不可欠でしょう。

自分の商品を売り出すECショップ運営

ECショップとは、電子商(インターネット)での取引によって物品を売買するショップです。商品を仕入れ、仕入れ値と販売額の差額が利益となるのが一般的です。ハンドメイドが得意な方が自らECショップを開業し、作品を販売するケースも増えています。

近年では、メルカリ・BASE・Yahoo!ショッピングなどのように、個人で出品・販売ができるプラットフォームが充実しており、利用のハードルが下がっているといえるでしょう。

サイトのデザインを行うWebデザイナー

Webデザイナーとは、クライアントが求めるWebサイトや広告を作るために、デザインを行う仕事です。デザインを行う際のツールとして、PhotoshopやDreamweaverなどのスキルが必須とされています。

Webサイトが完成するまでには、デザインのほかに、HTML・CSS・JavaScriptなどのコーティングやプログラミングなどの作業も必要です。案件によっては、これらの作業をWebデザイナーが請け負うケースもあるため、プログラミングスキルがあると仕事の幅がいっそう広がります。

依頼を受けて絵を描くイラストレーター

イラストレーターとは、クライアントの依頼内容に沿ったイラストを描く仕事です。案件の種類は豊富であり、本の表紙や挿絵、ホームページで使われるキャラクターのイラスト、ブログで使用するカット、雑誌などの紙媒体に掲載するイラストなど、商業用に利用される目的で依頼を受けます。

Photoshopをはじめとするグラフィックソフトの利用が必須ですので、目指したいのであれば習得しておくとよいでしょう。

映像を作成する映像クリエイター

映像クリエイターとは、映像制作を行う仕事で、Webコンテンツやゲーム、CMなどさまざまな業界からオファーが入ります。企画からはじまり、絵コンテ・シナリオ作成・撮影・編集などすべての工程に携わります。

パソコンを使っての映像制作であるため、実際に絵を描くのが苦手でも問題ありません。その代わりとして、映像を編集するために、デジタル機材や専用ソフト・アプリなどを使えるスキルが必須です。

クライアントの補佐を行う在宅秘書

在宅秘書とは、社長・経営者・フリーランスなどの事務作業全般をサポートする仕事です。在宅秘書の業務内容には、スケジュール管理、資料作成、顧客対応、などが含まれ、需要が多い仕事といえます。

事務所を構えていない・必要な業務のみ外注したい・人件費を削減したいなどの理由で、常勤ではなく在宅秘書を雇うケースが増えています。

勤務時間は、雇用主の勤務時間に合わせるのが一般的ですが、時間指定があったり出社を求められたりする案件もあります。そのため、条件を事前に確認するようにしましょう。

未経験でもチャレンジしやすい仕事

在宅での仕事というと、スキルが高くないとできないと思われるかも知れませんが、未経験でもチャレンジしやすい仕事は多数あります。その一例を紹介しますので、始めるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

案件数が多いデータ入力

データ入力とは、企業が行ったアンケート結果や画像に書かれた文字など、さまざまなコンテンツのデータを指定フォーマットに入力していく作業です。マニュアルに沿って入力するので、未経験でも心配なく仕事をはじめられます。

案件数は多いものの、作業単価が低いうえ、長時間パソコンに向かって作業を続けるため、肩こりや目の疲れを感じやすくなる方も多い仕事です。

音声を文字化する文字起こし

文字起こしとは、音声データを聴き、WordやExcelなどに文字を打ち込んでいく仕事です。インタビューの会話内容を文字として打ち直したり、会議の議事録を作成したりする案件があります。

報酬は、大半の案件が固定制となっており、安い案件では1件あたり1,000円ほどが相場です。音声を聴いて即座にタイピングしていけるなら、時給換算で2,000円以上になることもあります。地道に経験を積みながら、作業に慣れていくとよいでしょう。

Webサイトに掲載する文章を書くWebライター

Webライターとは、Webサイトに掲載する記事を書く仕事です。紙媒体のライターと大きく異なるのは、信頼のおける既存のWebサイトから情報を収集し、それをもとにしてオリジナルコンテンツを作成するという点です。

記事を書くだけでなく、企画の立案や取材、調査などを請け負う場合もあり、収入もその分アップします。特別な資格やスキルは不要なため、未経験の方に人気の高い仕事です。

それだけに単価の低い案件も多いものの、医療や法律、栄養や美容に関する資格があって専門性の高い記事が書ければ、高収入も見込めます。

電話営業などを行うコールセンター

コールセンターとは、お客様からの電話を受けたり、営業などの電話発信をしたりする仕事です。研修制度や、業務中のフォロー体制を整備している企業が多く、未経験でも安心して始められます。

コールセンターやテクニカルサポートは、在宅でも仕事が可能であり、ITスキルも身につけられます。さらに、成果報酬制であることから、仕事を増やせば収入も上げられ、頑張り次第で高収入が目指せるのが特徴です。

高収入が狙える仕事


パソコンを使って在宅で行う仕事でも、高収入を目指すことは可能です。ここからは、高収入が目指せる仕事を見てみましょう。

投資やFX

投資とは、将来の利益を見込んだ上で、事業に対して自己資金を投じる取引をいいます。投資信託や株式、国債、不動産投資などが含まれます。FX(Foreign Exchange)とは外国為替証拠金取引のことであり、日本円と外国通貨の売り買いにより発生した差額を利益とする取引です。

近年では、スマホを使って株取引ができるサービスも増え、気軽にはじめられるようになりました。知識をもって取引を行えば、高収入を目指せますが、投資は元本保証ではないため、場合によっては元本割れを起こす恐れもあります。十分注意して取引しましょう。

ネット上に動画を投稿する動画配信者

YouTuberに代表される動画配信者とは、動画編集ソフトやアプリなどを使って、視聴者に伝えたいことを動画で配信する人物です。後述するブロガーは、文字を使って集客を増やしますが、YouTuberは魅力のある映像を配信し、集客することで広告費用を稼ぎます。

視聴者が映像を見て楽しめるように、世代を問わず楽しめるコンテンツを定期的にアップするための企画力や演出力が、配信者に求められます。

ブログを開設して運営するブロガー

ブロガーとは、ブログサービスに日記のような形式で記事を書き、広告収入を受け取る仕事です。記事の内容は、日常生活に関することや趣味に関することなど、どのようなものでも構いません。

自分が興味を持つ内容でブログに記事を書き、アクセス数が増えたために企業から収益化の話が持ち上がるケースも増えています。

ブロガーになるのにはお金はかからず、誰でも簡単に始められますが、ブログのアクセス数が増え広告収入が発生するまでには時間がかかります。月収数十円という状態も珍しくないため、はじめのうちは我慢や努力が求められるでしょう。

パソコンを使う仕事のメリット

在宅でパソコンを使う仕事について、詳しく解説してきました。以前よりも仕事の種類は増えていますが、それには次のようなメリットがあるためです。

場所を選ばずに働ける

パソコンを使って仕事をするメリットは、パソコン環境さえあればどこでも働ける点が挙げられます。自宅以外にも、コワーキングスペース・カフェ・ファミレス・図書館などでも仕事ができます。

家庭の事情で、自宅の外で働けない方でも、パソコンさえあれば自宅で働けるのです。また、子どもの習い事の待機中に車内で仕事をしたり、実家に帰省する時にパソコンを持参したりすることも可能です。

公共の場でパソコンを使う場合には、Wi-Fiのつながり具合やセキュリティなどをチェックしておくと安心ですね。

勤務時間を自由に設定できる

パソコンを使った在宅ワークでは、勤務時間が決められていないことが多く、働く時間や仕事量を自分で決められます。自分の予定や、家族の送迎・介護など、ライフスタイルに合わせて仕事のスケジュールを立てたり、仕事量を調整したりすることも比較的容易です。

さらに、やる気や時間的余裕があるときに仕事量を増やしたり、逆に難しいときは仕事を減らしたりと、臨機応変な対応が可能なのも在宅ワークの大きなメリットです。

人間関係の悩みが少なくなる

パソコンを使った在宅ワークでは、仕事のやり取りはパソコンを通すため、他の人と顔を合わせる機会はほとんどありません。これにより、仕事上の人間関係の悩みが少なくなり、落ち着いた気持ちで仕事ができます。

休みを確保したい場合も、仕事の納期さえ厳守すれば、他の人に気兼ねする必要もありませんので、ストレスなく休みを満喫できるでしょう。

仕事による人との関わりを極力減らし、自分のペースで仕事をしたいと考える方には、パソコンを使う在宅ワークはぴったりです。

服装や髪型が自由

クライアントと会う機会がない職種であれば、在宅ワークには服装の規定がないため、自由な服装や髪型で仕事ができます。普段自宅で行う業務では、Tシャツにジーンズといったラフな服装でもまったく問題ありません。

とくに女性は、オフィスファッションにかかる費用や、ヘアセットやお化粧にかかる時間を節約できるため、金銭的にも時間的にも楽な勤務形態といえるでしょう。

パソコンを使う仕事のデメリット

これまで紹介したように、パソコンを使う仕事にはメリットも多いのですが、デメリットについても事前に知っておく必要があります。それぞれの内容について見てみましょう。

地道な作業をこなす職種が多い

パソコンを使う仕事では、複数名で進行していく案件もありますが、基本的には一人で作業を行わなくてはなりません。仕事の進め方が分からなくなったときも、周囲に相談できる相手がいないので、基本的には自分でトラブルを解決する必要があります。

とくに、データ入力などの作業では、一人でパソコンに向かって地道に仕事を進めるケースがほとんどです。

自己管理能力が必要

パソコンを使う仕事は、ほとんどの場合提出期限日もしくは納期が、クライアントによって決められています。仕事のペースやスケジュールは、自分で決められるものの、同時に自己責任ともなるため、期限に遅れないよう適切なスケジュールを組む自己管理能力が必要です。

中でも、クラウドソーシングを通じて仕事を請け負っている場合は、納期に遅れるとクライアントとの信頼関係が崩れる恐れもあります。良好な関係を築き、継続して仕事を受注するため、最低限のマナーとして納期を守ることは必須でしょう。

長時間労働を強いられる可能性がある

パソコンを使って自宅で仕事を行う際には、個人事業主として働く場合が多く、労働基準法が適用されません。

チャットワークやSkype、Zoomなどのコミュニケーションツールを使って、クライアントとやり取りをするケースが一般的ですが、24時間いつでも連絡が入る可能性があります。仕事の時間やペースなども自分の裁量で決めるうえ、休日も明確に決まっていないため、気をつけないと長時間労働になりがちです。

このような状況を防ぐには、寝る前にはスマホの音が鳴らないように設定する、オフの日や時間帯にはパソコンを開かないなど、自分でルールを決めて体調管理を心がけましょう。

確定申告の知識が必要

在宅ワークによる収入が増えていくと、税に関する知識が必要となります。在宅ワークの所得は「雑所得」に該当し、年間48万円以上の所得(所得:収入から経費をひいたもの)があると確定申告が必要です。

会社員の場合は、会社側で年末調整を受けられることがほとんどですが、フリーランスには年末調整がありません。

なお、会社に勤務しているほかに、副業として在宅ワークを行う場合は、20万円以上の所得があると確定申告が必要になります。

確定申告の時期を迎えてから困ることのないよう、また故意ではなくても納税し損ねることのないよう、日頃から知識を身につけておくようにしましょう。

病気や怪我を負うと収入が止まる

会社員であれば、病気や事故などの入院時には社会保険の補償が受けられ、入院費用や労災手当などが支給されます。しかし、納品物に対して報酬が支払われる在宅ワーカーにはこれらの補償がなく、病気や怪我などによって仕事ができなくなると、同時に収入も止まってしまいます。

このリスクは誰にでも起こりうるため、保険を手厚くするなどして、リスクに備えた備えをしておきたいものです。

パソコンを使用した仕事に転職するなら転職エージェントに相談する

在宅ワーク以外にも、パソコンを使った仕事は数多く存在します。このような仕事に転職したいのであれば、転職エージェントの利用がオススメです。

転職エージェントは、転職に関する手続きや相談など、幅広い知識を持つプロであり、無料で利用できます。不安な点を解消しつつ、求人紹介から面接、キャリアプランに至るまで構想を提案してくれるため、希望通りの転職が叶う可能性が高くなります。

働きながらの転職活動も可能ですので、まずは気軽に相談してみましょう。

まとめ

パソコンを使った在宅ワークは、幅広い業種で可能になっており、コロナ禍における新しい働き方として広まっています。また、在宅ワーク以外にも、パソコンを活用できる職場は多く、転職を検討しているのであればパソコンスキルは必須です。

コロナ禍においても、フレキシブルな働き方ができる仕事に転職したいと考えている方は、Spring転職エージェントを利用するのもよいでしょう。希望を詳しくお聞きした上で、専門分野に精通したコンサルタントが、質の高い求人をご提案します。自分が目指す働き方を実現させるために、第一歩を踏み出してみましょう。

[文]CareerSupli編集部 [編集]CareerSupli編集部