Webマーケティングとは? 職種と仕事内容・年収を分かりやすく解説

現在、Webを活用しないビジネス領域は皆無といっても過言ではありません。オンラインショップやオンライン広告、検索エンジン対策やメールマガジンの活用など、あらゆるビジネスにおいてWebの活用は欠かせないものとなっています。

そうした中で重要になっているのが「Webマーケティング」です。言葉自体は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。ただ、実際にWebマーケティングがどのような仕事なのか、Webマーケティングを行うにはどのようなスキルが必要なのか知らない方も多いかもしれません。

今回はそんなWebマーケティングについて、基礎知識から仕事内容、必要なスキルまで詳しく解説します。

Webマーケティングとは?

そもそもWebマーケティングとは何を意味するのでしょうか。まずは言葉そのものの定義から説明します。

Webマーケティングの定義

そもそも、「マーケティング」とは「ものを売るための仕組みをつくる」ことを指します。「ものを売る」というと営業職を思い浮かべるかもしれませんが、営業は「ものを売る」ことが仕事であり、マーケティングは「ものを売る仕組みをつくる」ことが仕事です。たとえば、セールやキャンペーンの企画を考えたり、雑誌に広告を出したりといった活動がマーケティングの仕事となります。

テクノロジーが進歩した現在、マーケティングにもデジタルを活用することが増えています。デジタルを活用したマーケティング手法をデジタルマーケティングと呼びますが、Webマーケティングはこのデジタルマーケティングの一部であり、その中でもWebサイトやSNSなどをマーケティングに活用することをいいます。

Webマーケティングの重要性

現在、Webマーケティングを重視する企業が多くあります。なぜWebマーケティングが重要なのかというと、取り組みの効果が数値で把握できるからです。たとえば、雑誌広告や店頭の看板といった従来のマーケティング活動は、その効果を数字で明確に出せません。仮に雑誌広告を出した後に売上が伸びても、それが雑誌広告のおかげなのかははっきりとはわからないからです。

一方で、Webではユーザーの行動を測定できます。広告を出稿すると、その広告から何人が自社サイトに流入してきたのか測れるのです。効果検証ができるので、効果のあった広告は継続する、効果のなかった広告は差し替えるなどの判断が下しやすいのです。また、直接的な効果を測るだけではなく、ユーザーの行動を分析することで次のマーケティングに生かせるのもWebマーケティングの大きなメリットです。

Webマーケティングの領域と手法

Webマーケティングの種類についてご説明します。

Webマーケティングは主に「検索エンジン」「SNS」「Webメディア」という3つの場を活用して行われます。これら3つの場に共通するマーケティング手法として真っ先に挙げられるのは「広告」でしょう。

まず、検索エンジンにおける広告です。ユーザーが特定のキーワードで検索した際、検索エンジンの最上位に自社サイトを表示できるという広告で、「リスティング広告」と呼ばれます。

また、広告ではなく、自社サイトの内容を充実させてGoogleの評価を高め、検索エンジンの上位に表示する手法もあります。この手法を「SEO」(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)と呼びます。リスティング広告とSEOを合わせて、「SEM」(Search Engine Marketing:検索エンジンマーケティング)といいます。

次にSNSにおけるマーケティング手法です。イメージしやすいのはSNS広告で、費用をかければSNSユーザーのタイムラインに自社の広告を流せます。さらに、広告ではないSNSマーケティング手法にはアカウント運用があります。SNSのアカウントを自社で作成し、自社の情報などを配信する手法です。

最後にWebメディアです。企業や個人が運営するWebメディアに自社の広告を出稿するマーケティング手法に加えて、自社で雑誌のような位置づけのWebメディアを立ち上げて運営するというマーケティング手法もあります。自社で運営するWebメディアのことをオウンドメディアと呼びます。

Webマーケティングの職種と仕事内容

Webマーケティングに携わりたい場合、2つの道があります。1つは代理店に入社して、他の企業からWebマーケティングの仕事を受託するやり方です。もう1つは自社のWebマーケティングの担当者になることです。後者の場合は、自らがWebマーケティングを行うか、あるいは代理店に委託してWebマーケティングを実施することになります。

ここでは、代理店における主なWebマーケティング関連の職種についてご紹介します。

広告運用(SEM・SEO・SNS)

前段で述べた広告を運用する仕事です。クライアントの意向に沿ってリスティング広告やディスプレイ広告、SNS広告の運用を行います。間口が広い仕事なので、未経験でWebマーケティングに携わる場合、まずは広告運用から取り組む方も多いようです。

SEO・SNSコンサルタント

コンサルタントとして、クライアント企業のSEO運用やSNSアカウント運用に携わる職種です。マーケティング施策の提案をしたり、自らの知見を生かしてSEOやSNSアカウントの運用のアドバイスを行ったりします。主な業務はコンサルティングであり、実際の施策の実行は運用担当者に依頼することが多いです。コンサルティングともなると、SEOやSNSに関する専門的な知識が必要です。

企画営業

クライアントに対して、マーケティング施策のプランニングや提案を行う職種です。クライアントのビジネスを理解し、最適なマーケティング施策を立案するため、Webマーケティング全般に関する専門的な知識を持っておく必要があります。交渉力やプレゼンテーション力も重要です。SEO・SNSコンサルタントと兼任することもあります。

Webアナリスト

アクセス解析の専門家ともいえる職種です。アクセス解析とは、Webサイトのアクセスデータをもとに、ユーザーの属性や検索クエリ、ページごとの改善点などを分析すること。得られたデータをもとにマーケティング施策の提案を行います。Webアナリストを名乗るのに資格は不要ですが、実際には高度な業務を遂行するため、「Webアナリスト検定」や「ウェブ解析士」などの資格を持っている人も多い職種です。

Webディレクター

Webサイト開発の進行管理や、Webサイトの運用を担当する職種です。Webサイトの運用は、LPO(ランディングページ最適化)やSEOなどのWebマーケティングとも連携する必要があり、そのためWebディレクターがWebマーケターを兼任することも少なくありません。

Webマーケターの気になる年収は?

Webマーケティングに携わるWebマーケターになると、どれくらいの収入が実現できるのでしょうか。ここでは気になるWebマーケターの年収について解説します。

Webマーケターの平均年収

Webマーケターの平均年収は約500万円が相場です。実際の求人を見ると、300万円~800万円とばらつきはありますが、年収の幅が広い理由は、業界や企業、職種などによる差が大きいためです。

事業会社でWebマーケティングを担当する場合、給与水準の高い業界か企業の規模が大きいかどうかで年収に差が生じます。

例えば代理店の場合、未経験から入って広告運用を手伝っているような状況では高年収は期待できませんが、経験を積み、高度なマーケティングスキルを身につければ年収を上げることも期待できます。

Webマーケターは未経験でも飛び込める間口の広い職種であり、スキルアップすることで年収を大きく伸ばせる可能性を秘めた職業でもあるのです。

Webマーケターのキャリアパス

Webの知識を身に着けスキルを向上させることで、Webマーケターのキャリアパスは大きく広がります。冒頭でも述べたように、今やWebマーケティングを活用しないビジネスは存在しないといっても過言ではありません。その意味では、Webマーケター、Webマーケティングという職種は“腐らない職種”といえます。

自分の得意な分野で実績をしっかりと積んでいけば、年収を大きく伸ばすことも期待できるでしょう。

まとめ

Webマーケティングは大企業、中小問わずさまざまな業界で需要も多く、自分で考えて動く力、数値やデータで物事を捉える力があれば未経験の方でも挑戦できる業界、職種です。
年収も比較的高く、これからの時代、どの業界でも重要となるWebに関する能力を向上させられる魅力的な仕事です。

[文]サムライト編集部 [編集]サムライト編集部