企業研究のやり方とは? 転職ではどこまで調べるべきか方法を解説

「企業研究」は、就職・転職活動中の方にとって、自分に合った企業を見つけるための重要な工程です。しかし、実効性の高い企業研究をしなければ、希望する条件に合致する企業には出会えません。この記事では、企業研究の目的や特徴・やり方を解説し、就職活動に活かすためのポイントをご紹介しますので、ぜひご一読ください。

そもそも企業研究とは?

「企業研究」とは、志望する企業の事業内容や働き方など、さまざまな角度から調べて理解を深めることです。企業研究を入念に行うことで、企業の事業や各種情報および強みを知るだけにとどまらず、説得力のある志望動機も書くことができます。したがって、企業研究は就活や転職活動の中でも重要な工程といえます。

企業研究の目的

企業研究の主な目的は、「企業の特徴を理解し自分に合った企業を見つけること」「志望動機を明確にすること」の2点です。志望する業界・企業の「社風や業務内容を具体的に知る」「同業他社や競合他社との違いを理解する」ことによって、自分に合っている企業を絞り込めます。

企業研究をせずに入社した結果、「社風に共感できない」「福利厚生が自分の希望と異なる」といった状況になりかねません。したがって、企業の特徴を理解することで、入社後のギャップが発生しにくくなります。

また、企業研究を通して、企業への理解のみならず自分に対する理解も深まります。なぜなら、志望する業界・企業を調べる中で、自分が「何に興味を持ったのか」「重視すべき項目は何なのか」などを考えるきっかけとなるからです。

志望動機を明確にするためには、「どういった貢献ができるのか」「なぜその企業を選んだのか」を具体的にする必要があります。したがって、企業研究を通して自分への理解を深める自己分析が重要となります。

企業研究はいつから始めるべき?

企業研究にかけられる時間は限られているため、企業研究をいつからはじめるべきかを知ることはとても重要です。企業研究のタイミングは人によって異なりますが、就活生の場合は、自己分析の後で、多くの企業がエントリーシートの提出期限を設定している1〜2月を目標に完了させるのがおすすめです。

しかし、研究すればするほど調べることが増えるため、企業研究には明確なゴールがありません。したがって、ある程度のゴールを定めた上で企業研究を始める必要があります。

ゴールの目安としては、「企業の主な特徴をいくつか挙げられるか」「自分の言葉と考えで志望動機を伝えられるか」に設定しておくと良いでしょう。このレベルまで達するのに要する時間は人それぞれですが、最低でも半月、余裕もって1ヵ月程度と見越しておくのが良いでしょう。

就活生の場合、エントリーシート提出期限の1~2月完了から逆算して、年明け前の12月には企業研究をはじめる必要があります。

また、同時に複数の企業を研究する場合、どの企業についても際限なくリサーチすると膨大な時間がかかってしまいます。志望度の高い企業は徹底的に調べる必要がありますが、志望業界の企業を幅広くあたる時は、一社あたりにかける時間を設定することをおすすめします。

目安として3~4時間集中してリサーチすれば、企業の概要を掴むことができるでしょう。

企業研究のやり方とは?

企業研究は、やみくもに行っていては成果が上がりませんし時間も足りません。ここからは、企業研究する際に押さえておきたいポイントと、就職・転職活動に活かすための具体的な方法を解説します。

企業の基本情報

はじめに、「企業の基本情報」を調べます。ポイントは、調べる項目をあらかじめ絞っておくことです。具体的には、企業の正式名称、代表の名前、経歴、従業員数、設立年、企業理念、売り上げ(収支)などが挙げられます。

これらは、企業が開設するWebページに載っている場合が多く、比較的調べやすい項目です。「歴史のある企業かどうか」「規模はどれくらいで業界何位か」を知る為にも必ず押さえておきたい情報です。とくに、企業理念から求める人材の特徴がわかるかもしれません。確実に調べておきましょう。

企業の事業内容

基本情報を理解したら、次に「企業の事業内容」を調べます。事業内容の理解を深めるため、「顧客(誰に)」「どのような商品・サービスを(何を)」「業態(どのように)」販売しているか調べることからはじめましょう。

上記3つの情報を具体的に調べていくと、企業のビジネスモデル(利益が出る仕組み)や強みが把握できます。すると、自分が入社した後に、「どのように企業の成長に貢献できるか」をイメージしやすくなります。

採用においては、企業の成長・利益増大に寄与できる人材が求められているため、どういった視点から自分をアピールすれば効果的なのかを知るきっかけにもなります。また、面接官に好印象を与えるためには必須の項目でもあり、プレゼンする上で基盤となる部分です。

業界内でのポジション・強み

事業内容を理解したら、次に「業界内でのポジション・強み」を調べます。ここでは、業界内における企業の立ち位置、競合他社に勝っている部分や劣っている部分を明確にします。競合他社との違いがはっきり見えてくると、企業の展望や課題もおのずと見えてきます。

面接では、「なぜ競合他社ではなく自社を選んだのか」という質問が想定されます。これらの情報を整理しておけば、そういった場面で「企業の事業戦略に共感した」「自分であれば弱みを補える」など、スムーズに回答できるようになります。

また、企業研究の段階で、競合他社ではなくその企業を選んだ理由を明確にすれば、志望動機を書きやすくなるメリットもあります。

社風・企業理念の理解

業界内でのポジション・強みを理解したら、次に「社風・企業理念」を調べます。企業理念は、基本情報を調べる段階で把握していると思いますが、ここでは「企業理念に沿ってどのような仕組みで動いているか」を確認します。

実際の社員の動きや考え方は、ホームページやパンフレットからは把握しにくいため、会社訪問やOB・OG訪問、インターンシップを活用します。現場の社員の方々に、意思決定の仕組みや社内教育・人材育成方法など、外面上は分からないような事を確認してください。

実際に働く社員の姿を見ることは、将来の自分をイメージする際の参考になります。自分にその企業が合っているかどうかを確認する貴重な機会になるため、気になる点や不明点は積極的に質問しましょう。

将来の展望

社風・企業理念を理解したら、最後に「将来の展望」を調べます。入社後、長期間働くことになる職場だからこそ、企業の将来の展望に対して、「自分がどのように貢献できるか」を知っておくことは重要です。

将来の展望は、就職情報サイトや企業のホームページなどに掲載されていることが多いため、外面上の情報は簡単に集められます。

しかし、将来の展望が実現可能かどうかを確認するためには、株式情報や収支、直近の採用情報などから経営状況を知るのも一つの手です。例えば、採用人数を年々減らし、売り上げも減少していれば、経営状況が好ましくないのかもしれません。

データを元に諸々判断することは難しいですが、客観的な情報を得ることで、就職や転職した際の自分の姿や貢献できることが見えてくるでしょう。

企業研究に役立つツール・具体的な方法

企業研究のやり方を理解し、いざはじめようとしても、ツールや具体的な方法を知らなければ先に進めません。そのため、ここからは「企業研究に役立つツール・具体的な方法」を項目・ポイント別に解説していきます。

企業のホームページ

はじめに、「企業のホームページ」について解説します。経営理念や沿革など企業の基本情報が集約されているホームページは、企業研究の初期段階で確実にチェックしておきましょう。ホームページには、企業がアピールしたいポイントや訴えたいメッセージが最もシンプルに表現されています。

つまり、その企業らしさを理解するために最適な情報源といえます。ホームページを使って、企業の雰囲気や求める人物像を知るためのヒントを得ましょう。

会社説明会

志望する企業を絞り込んだ後は、「会社説明会」に参加しましょう。会社説明会には、企業が個別に行う会社説明会や、複数の企業が一堂に会する合同企業説明会、大学主催の説明会などがあります。

会社説明会は、実際に働いている人の生の声を聞ける貴重な機会です。時間があれば志望度の低い同業企業の説明会にも参加すると、企業を比較する際の参考になるでしょう。

ホームページなどで確認した情報がすべてではないため、実際に会って話を聞くことは、どの企業を志望するかの大きな判断材料となります。もしかしたら、このタイミングで自分に合った企業を発見できるかもしれません。

OB・OG訪問

次に、「OB・OG訪問」について解説します。OB・OG訪問では、その企業で働いている先輩社員から直接話を聞くことができます。1対1で話せるため、企業のホームページや会社説明会など聞けないような情報を掘り下げて質問できるのがメリットです。

たとえば、「残業はどのくらい発生するのか」「上下間で風通しのよい職場かどうか」など、気になるポイントは積極的に質問しましょう。先輩社員の姿は、将来の自分かもしれませんので、貴重な機会を活用して自分に合う企業かどうかを確認してください。

インターンシップ

次に、「インターンシップ」について解説します。インターンシップは、実際の業務や働く環境の理解が深まり、その職種に適性があるか把握しやすくなるため、募集があれば積極的に参加することをおすすめします。

企業によっては、プロジェクトのメンバーとして意見を求められるなど、業務内容を深くまで知ることができます。インターンシップは、就業後のミスマッチを減らし、就活する上での強みを得たり、ビジネススキルを身に付けたりできる貴重な機会といえるでしょう。

本・ニュースなど

最後に解説するツールは「本・ニュースなど」です。近年は、ネットでの情報収集が主流ですが、本やニュース、新聞での動向チェックも忘れてはいけません。ネットで調べると、興味のある企業に絞った情報収集が主になってしまう可能性があります。

統一したフォーマットで企業情報を掲載している書籍も閲覧して、知名度に惑わされることなく横並びで企業を比較・検討するとよいでしょう。また、常に最新情報を発信してくれるビジネス雑誌やニュースもチェックして企業研究に役立てましょう。

企業研究の成果を就職活動に活かすポイント

では、これまでの企業研究の成果を就職・転職活動に活かすにはどのようなポイントがあるのでしょうか。「プラスだけでなくマイナスの情報も見る」「自己分析とセットで行う」「収集した情報の整理」の3つに絞って各ポイントを見ていきましょう。

まず、自分にとってプラスのものだけでなくマイナスの情報も見るようにしましょう。入社後は、プラスだけでなくマイナスの部分も受け入れなければなりません。採用段階では、企業の担当者もプラスの部分を前面に押し出してくるため、就職活動中に惑わされないよう注意してください。

また、企業研究を進める中で、自分の目指したい姿や強みを分析し、志望企業で「どのような貢献ができるのか」という点を明確にしてください。それによって、志望動機の作成をスムーズに進められるでしょう。

そして、企業研究で多くの情報を集めることは大切ですが、最も必要なのは収集した情報の整理です。あらかじめ優先事項を決め、自分に必要な情報を取捨選択し、ノートやエクセルでフォーマットを作り自分なりの観点でまとめておくと、情報の検索・比較が容易となります。

企業研究はSpring転職エージェントに相談する

ここまで企業研究の目的からやり方について解説してきましたが、実効性の高い企業研究は難しく、実際に就職・転職活動に活用できていない事例がほとんどです。また、「転職を迷っている」「自分の市場価値を知りたい」という方の中にも、企業研究で困っている方もいるかと思います。

そういった方々には、アデコ株式会社の転職支援サービス「Spring転職エージェント」のサービスをオススメします。本サービスは、約53,000件という膨大な求人情報をもとに、専任コンサルタントが転職成功をサポートしています。

とくに、各種専門領域に精通したコンサルタントが顧客の市場価値を正確に判断し、希望する業界・職種の中から適正な企業を提案してくれるのが特長です。

また、「Spring転職エージェント」はスイスに本社を構える世界最大級の総合人材サービス企業である「Adecco Group」の転職支援サービスです。実績も豊富であるため、国内有数の大手企業、外資・グローバル企業はもちろん、優良中堅企業など幅広い企業の紹介が可能です。

さらに、さまざまな国籍のコンサルタントが在籍しているため、グローバル関連においても密度の高い情報を提供してもらえます。

まとめ

「企業研究」にはさまざまなやり方がありますが、より高い成果を得るためにこの記事で紹介した内容をぜひ参考にしてください。また、企業研究に役立つツールはネットがメインになると思いますが、多くの情報が溢れているため、正しい情報の選択・整理にも重点を置くようにしましょう。

企業研究にゴールはありませんが、限られた時間の中でより効果的なものとするため、「Spring転職エージェント」のサービス活用も視野に入れ、就職・転職活動を進めるとよいでしょう。

[文]CareerSupli編集部 [編集]CareerSupli編集部