日本の未来を変えるかもしれない注目のNPOを紹介

働きながら関わることができる社会貢献

「日々仕事に追われているばかりで、もっとやりがいのある仕事をしたい」

「自分の力を生かしてもっと社会の役に立ちたい」

「何か世の中の役に立ちたいと考えているけれど、実際に何をして良いかわからない…」

そんな風に考えている人も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな方におすすめの「これからの日本の未来を変えるかもしれないNPO団体」と、働きながらも関わることができる社会貢献についてご紹介します。

注目のNPO6選

NPO法人Ubdobe(ウブドべ)

NPO法人Ubdobeは、”医療福祉はもっとクリエイティブで楽しい”をコンセプトに、医療福祉へのイメージアップや、ブランディングを行っている団体です。ライブ演奏の合間に障がい者福祉、難病の人のトークを盛り込んだ、チャリティライブ「SOCiAL FUNK!」や、障害や難病を持つこどもたちと実際に触れ合うことができる「コドモ ミュージック&アートフェスティバル」など、異業種とのコラボレーションで、世代を超えて楽しむことができる医療福祉のイベントを開催しています。

最近では、ユニバーサルデザインと医療福祉情報のセレクトショップ「HALU」を三軒茶屋にオープン。こういった斬新な切り口から、さまざまな医療福祉への関わり方を提案し、医療福祉業界に新しい風を吹かせています。

■NPO法人Ubdobe(ウブドべ)

http://ubdobe.jp/

国際環境NGO 350.org

みなさんは、「ダイベストメント」という言葉をご存知でしょうか?「インベストメント」=「投資」に対して、「ダイベストメント」=「投資撤退」を意味します。国際環境NGOの350.orgでは、「エネルギー」「お金の流れ」「市民の力」に焦点を当て、気候変動を解決に導く活動をしています。

具体的には、化石燃料や原発事業に融資している銀行から、貯金を”撤退”することで、銀行が融資先を変えるようアプローチしていきます。一人ひとりの力は小さくても、大勢集まれば大きな力となります。彼らの活動に関わることで、お金の流れで社会を捉えることができ、ミクロとマクロ、両方の視点から環境問題について考えることができます。

■国際環境NGO 350.org

https://350.org/

NPO法人グリーンズ


「ほしい未来をつくろう」。彼らの掲げているキャッチコピーです。待っているだけでは、私たちが理想とする社会はやってきません。NPO法人グリーンズでは主に、ソーシャルグッドなアイディアを集めたメディア「greenz.jp」や、社会のために役立ちたいと動き出した人同士がつながることができる交流会「green drinks」、具体的に行動に移すための学びの場「green school」という三つの活動しています。彼らの活動の中には、心の琴線に触れる言葉との出会いや、人生を変える人との出会いがあります。私たち一人ひとりが、持続可能な社会を実現するプレーヤーです。なんだかモヤモヤしている人、何か新しいことを始めたい人は彼らに会いに行ってみてください。

■NPO法人グリーンズ

http://greenz.jp/npo/

認定NPO法人フローレンス


認定NPO法人フローレンスは、自宅訪問型の病児保育をはじめ、医療的なケアが必要な子どもたちの預け先となる「障害児保育園ヘレン、アニー」の運営や、都心の空き物件を活用した、0~2歳児を対象の小規模認可保育園「おうち保育園」の設立など、お母さんたちの声からできた事業によって、待機児童問題の解決や、働くお母さんたちのサポートに取り組んでいます。

また、貧困や社会的孤立、望まない妊娠などの事情から育てられないという妊婦さんと、赤ちゃんを望んでいる夫婦を繋げる「赤ちゃん縁組」の取り組みも行います。親だけでなく社会全体で子どもを育てていける社会を目指している、今もっとも勢いのある、注目のNPO団体です。

■認定NPO法人フローレンス

http://florence.or.jp/

NPO法人 R水素ネットワーク

NPO法人 R水素ネットワークでは、本の出版やイベント開催、人材育成を通して、R水素エネルギーの普及活動を行っています。R水素エネルギーは、一般的に出回っている原子力エネルギーや化石燃料から出た副産物としての水素を使っているエネルギーとは違い、再生可能エネルギーを使って水を電気分解することでつくられます。

発電後は水を排出し、そこからエネルギーをつくりだすことができる循環型エネルギーなので、原料が枯渇しない上に、わざわざ遠方から運ぶ必要もありません。日本のエネルギー自給率は、なんとわずか6%、ほとんどを海外からの化石燃料に依存しており、それが原因で日本の温室効果ガスの排出量は年々増加してしまっています。R水素エネルギーは、こういったことを解決する可能性を秘めているエネルギーと言えます。自然エネルギーに興味がある方はもちろん、自然エネルギーをもっと普及させたい方はぜひ参加してみてください。

■NPO法人 R水素ネットワーク

http://rh2.org/

NPO法人 コドモワカモノまちing

NPO法人 コドモワカモノまちingは、まちや自然、田舎など、さまざまなフィールドを舞台に、有機的な繋がりやご縁をつくることで、子どもや若者たちの心や身体を豊かにする遊びの場を提供しています。

具体的には、おもちゃを積んだ「移動式子ども基地づくり」、子どもや親子向けにエコや防災を学ぶ「子どもイベント」、日本各地の海や森や里山での”感動・感性・感謝”の心を育む「感育学校」、世界に一つだけの「手づくり絵本ワークショップ」や「感育キット」、まち探索や地域情報誌の作成を行う「まち学習」、教育機関やNPO、児童館向けにノウハウを共有する「講演・セミナー・研修」といった、6つの事業を展開しています。

”人・自然・文化・地域のご縁を有機的に紡ぎ、一人一人の感動・感性・感謝の心が育まれる社会をつくること”をミッションに、子どもや若者たちを取り巻く環境を、楽しくコーディネートできる場所です。

■NPO法人 コドモワカモノまちing

http://www.k-w-m.jp/

団体への関わり方は?

ここまでご紹介してきた団体への支援方法は、団体への寄付、ボランティアとして活動に参加する、という二つの方法があります。(詳しくは各団体ホームページをご覧ください)

NPOに関わることで、新しい視点で社会を見ることができたり、社会に対して直接的に貢献することできるので、これを読んでいるあなたもまずは、こういった活動から参加してみてくださいね!

Career Supli
まずはどんなNPO法人が活動をしているのか、知るところから始めましょう。
[文]松尾 沙織 [編集] サムライト編集部