出版社の営業がガチで選んだ、本当は自分が売りたい最高の漫画26選!

本棚

他社のものだってオススメしたい! 

普通、出版社の営業は、自社の出版物を営業します。この事実はメーカーであればどんな業界でも同じだと思うのですが、本当は、他社のものだってオススメしたい! だって面白いから! 面白いものが売れたら自社じゃなくても嬉しい! と、いうわけで、もし自分がフリーランス的営業マンだったらもっともっと売ってみたい、読まれてほしい、最高の26作品を紹介します。青年誌・女性誌混ざっていますが、基本的に男女どちらにもオススメです!

TOP画像出典:http://yomuyomunomunomu.com

本当は自分が売りたい最高の漫画26選!

1. 『応天の門』

51wDKfv3o0L._SX351_BO1,204,203,200_
画像出典:Wikipedia

時は平安、藤原家が力を持っていた時代。都には人々の思惑が渦巻き、怪しい事件が起きていた……。色男・在原業平と少年・菅原道真。身分の違う年の離れた二人がまるでホームズとワトソンのように絶妙なタッグを組んで平安の謎に立ち向かっていく話。まだ大人になっていない道真の生意気さと不器用さが癖になります。絵がとにかく美しいのも見所。漫画好きで嫌いな人はいないはず!

2. 『少年ノート』

51OQcW6L7BL
画像出典:Wikipedia

天使の歌声“ボーイソプラノ”を持つ天才少年・ゆたかを中心とした合唱群像劇。中学生という多感な時期に、思い通りにならないことにぶつかっていく少年たち。才能って「好き」な人のところに宿ってくれるわけじゃない。どんなに好きでも届かないステージもあれば、自分の価値を理解しない人もいる。合唱ではない別の何かで、似たような苦い経験のある人も多いのでは。
コマの構図や比喩表現が美しくて作品としての完成度がすごい。綺麗な絵でアニメ化されて、音楽付きで見られたらいいのに!

3. 『しまなみ誰そ彼』

61vgi5FCAOL._SX351_BO1,204,203,200_
画像出典:Wikipedia

『少年ノート』と同じ鎌谷悠希さんの最新作。アセクシャルであることを公表している著者の描くLGBTの物語。他人にばれないように、と恐怖を抱きながら過ごすゲイの少年が新たな居場所や価値観と出会っていく物語。LGBTという話題だけ見たらセンセーショナルなものになりそうなのに、あくまで自然で染み入るような感覚になる作品。

4. 『カカフカカ』

51hRTg4kJ8L._SX322_BO1,204,203,200_
画像出典:Wikipedia

彼氏に浮気されお金がなくなって、シェアハウスに移り住むことにした寺田亜紀。なんとそこにいたのは「EDになった最初の彼氏」で、こともあろうに彼が「寺田さんならいけるみたい」と添い寝を頼んでくる……という話。このあらすじだけ見るととんでもなくハレンチな感じにしか見えないけれど(笑)、微妙な感情の変化や気持ちの探り合いがあって目が離せない。どちらかといえば超健全な恋愛漫画。

5. 『カレは女とシたことない。』

51lix+47Q9L._SX347_BO1,204,203,200_
画像出典:Wikipedia

恋愛の悩みを扱った漫画の数はやっぱり多くて、現実を思うと泣きたくなりますが、この話はお見合いしたら相手が童貞だった、というストーリー。煽りみたいなタイトルとは裏腹に誠実に人と向き合うコツが見えてくるハートフルな(?)作品。8年彼氏がいない大雑把女子と優柔不断童貞男子の不毛な、いや、実りあるバトルに注目。

6. 『逃げるは恥だが役に立つ』

51iwhSVki9L
画像出典:Wikipedia

ファンが待ちに待ったドラマ化が発表されている作品。アラサー女子から悲鳴が上がっている『東京タラレバ娘』にぐさっときた人に特におすすめです。掃除や料理などの家事を賃金換算し、“就職として結婚する”という話。雇い主は旦那さんで、支払われた分のクオリティを担保する代わりに、自由に使えるお金が手に入る。結婚のかたちも人間関係も色々あっていい、という安心感がすごい上にときめきもあります。男性にも読んでみてほしい!

7. 『富士山さんは思春期』

51qVUdj7shL
画像出典:Wikipedia

人気の可愛い女子の着替えを覗こうと無茶をしたカンバが見てしまったのは、身長181センチもある大きな女子、富士山牧央の下着姿。女子として見ていなかったのに、その日からドキドキが止まらない……。つきあうことになったふたりの思春期を鮮やかに描いた作品。汗のはりつく感じや距離が近づいたときの熱まで感じそうなみずみずしさ。男性誌的若干のエロ目線はあるものの、とってもさわやかです。

8. 『僕らはみんな河合荘』

51Y01MK2Z8L._SX354_BO1,204,203,200_
画像出典:Wikipedia

アニメ化もされた人気下ネタ漫画。でももっと多くの人に知ってほしい! 管理人さんのご飯つきの寮・河合荘で暮らすことになった宇佐くんの一つ屋根の下ときめきラブコメディー、のはずが8割下ネタみたいな作品。でも女性にもお勧めできます。宇佐くんのヘタレっぷりと器用さの絶妙なバランスが愛らしい。住人たちはみんな面白いし、何より恋の相手・りっちゃんが死ぬほど可愛い!!! Amazonの2巻の内容紹介が雑(褒め言葉)で思わず笑ってしまった。「ラブ3:コメ7の思春期コメディー!爆笑必須です!がんばって宇佐くん!」そう、そんな感じです!!

9. 『ライアー×ライアー』

41blKNGuTQL
画像出典:Wikipedia

女子高生のコスプレをして渋谷を歩いたらばったり弟に会い、かつ付き合うことになってしまって……という話。一人二役を演じながら過ごしている主人公を見て、最初は「なにやってんだよ!!」と突っ込みたくなる場面も満載だったけれど、巻を重ねるごとに目が離せなくなっていく不思議。愛だとか幸せだとか、こんなふうに考えられたらいいなあ、とちょっとほろりとしてしまいます。

10. 『からっぽダンス』

51j9t4MbZCL
画像出典:Wikipedia

恋をすると毎回ストーカーのように行動してしまう警察官・久我が出会ったのは、美人だけどモテないOLの月島さん。デートに誘ってみたら、彼女に連れて行かれたのは男性アイドルのコンサートで……という昨今流行りとも言えるアイドルもの。でもこれって、必ずしも受け入れられるとは限らない趣味を持っている人、趣味が楽しすぎて恋愛そっちのけで生きてきてしまった人にはどこか既視感があるはず。彼も彼女もどっちも変だけどだからこそ成り立つってこともあるのかも!?

11. 『私の少年』

51IU1klV9qL
画像出典:

Wikipedia

2016年夏、最も話題の作品のひとつ。職場で元恋人とのやりとりに辟易していた聡子が夜の公園で出会ったのは12歳の美少年。彼はどうやら家族に事情がありそうで……。なぜ惹かれるのかわからないうちに、お互いを必要としていく二人。迷いながらも過ごす時間はとても穏やかで居心地がいいけれど、この感情はなんなのか。母性とも恋愛感情ともつかない不思議な距離感に震える。続きが早く読みたい、という声続出!

12. 『ぼくらの17-ON!』

51j-xP60KrL._SX340_BO1,204,203,200_
画像出典:Wikipedia

俳句部に入った5人が俳句甲子園を目指していく話。『ちはやふる』を読んで、真剣に勝負をすることや、チームの中での立ち位置の難しさに胸を熱くした人には特におすすめ。現代のほとんどの人にとって身近とは言えない俳句だけれど、この作品では、詠まれる語感と景色があまりにも鮮やかで泣きたくなる。大事にしたいものがあるからこそいい句が詠める。勝負のディベートのシーンの激しさも面白さのひとつ。王道青春モノ。

13. 『星上くんはどうかしている』

51-f9QRbAPL
画像出典:Wikipedia

キャラクターデザイン等でも有名なアサダニッキさんの作品。兄はぼっち、弟は人気者という似てない双子の星上兄弟。ある日弟と話すようになってから、主人公・いさりは変わり者の双子に振り回されていきます。弟と仲良くなるのを兄が邪魔してくるという意味不明な三角関係。終始テンポがよくて絵柄も読みやすいので男性にもおすすめの少女漫画。

14. 『七つ屋志のぶの宝石匣』

51g9eka4ErL._SX322_BO1,204,203,200_
画像出典:Wikipedia

『のだめカンタービレ』の二ノ宮知子さんの作品。宝石のオーラが見える質屋の娘・志のぶと腕を磨いてきた宝石外商・顕のドタバタ劇。宝石に全然詳しくなくても面白く読めてしまうのはさすが二ノ宮知子劇場。今作もどことなく頭のネジが外れた登場人物が多い愉快さは健在で、わくわくが止まらない! 明らかにされていない謎も気になるし、志のぶと顕の関係も気になる……という、二重三重に楽しめる作品。

15. 『波よ聞いてくれ』

51okJPo9jNL._SX348_BO1,204,203,200_
画像出典:Wikipedia

テキトー極まりない生き方でがけっぷちの主人公が、なぜか喋りを認められてラジオのパーソナリティーになる、という話。飲み屋でおじさんに絡んで話した「自分からお金を取って去った最低な男の話」がこんなに面白いなんて……。語り自体にも興味が湧くし、漢らしさと乙女心を行き来する主人公が本当に危なっかしくて妙にかっこいいのも魅力。セリフだけになりそうに思えるラジオのシーンの演出が鳥肌もの。

16. 『百万畳ラビリンス』

5196uZhWDbL
画像出典:Wikipedia

気がついたら日常とよく似た「ゲーム世界」に迷い込んでいた礼香とルームメイトの庸子。なんとか脱出しようと出口を探し始める二人だけれど、そう簡単にはいかなくて……というストーリー。上下巻ですっきり完結している。ルームメイトの庸子が太っている体型だったりと、漫画ならではの美男美女が登場したりせずどこまでもリアルに感じる設定が新鮮。ゲーム世界のルールと物理法則をひとつひとつ実験していく過程のロジカルな感じが心地いい。ありそうでない新感覚ミステリーファンタジー。

17. 『あげくの果てのカノン』

61-iECy3WGL
画像出典:Wikipedia

2016年夏を賑わせている衝撃作。モンスターに襲われ、地上と地下に生活が分かれた世界。高月かのんは、高校時代から想いを寄せる境先輩と再会する。でも、先輩は世界を救うヒーローで、自分が手に入れようとしてはいけない存在……。ストーカー気質のかのんに賛否両論、「可愛い」とも「気持ち悪い」とも評される行動はありなのかなしなのか、激論が日々交わされているなか、共通しているのは「先を読まずにはいられない」! SFとしての設定もまだまだ謎だらけでこれからどうなっていくのか目が離せない。

18. 『西荻窪ランスルー』

41Tw4edFYjL
画像出典:Wikipedia

高校を出てすぐにアニメ会社に勤めたい! と反対を押し切って上京した咲。絵を描くことが得意だと思っていたけれど、そこで出会う先輩たちの仕事に圧倒される日々。仕事って忙しくなるとなんでそこにいるのか、何のためにやっているのか、わからなくなってくるけれど、ひとつでもいいものを作りたい、ワンシーンでもよくしたい、時間の限り戦いたい、そう思っている登場人物たちの気持ちにじわりと感動させられる作品。熱血モノでも激しいシーンがあるわけでもないのに泣きそうになる。仕事人におすすめ。

19. 『Baby,ココロのママに!』

510wjUPGjUL._SX348_BO1,204,203,200_
画像出典:Wikipedia

かっこよくもないしネガティブだけど、真面目で優しくて前向きな大学生・路地くんは同級生の奈々さんが大好き。なんとかお近づきになりたい、と頑張るけれど、出会ったのはむっちりした見知らぬベイビー。妙に幼児たちに懐かれる路地くんの運命やいかに! というハイテンションなコメディ。こんなに明るい気持ちになれる作品にはそう出会えない。ダメダメなのにこれ以上ないくらいいい人な路地くんが本当に素敵。あれ……おかしいな、好きになってる!?

20. 『きのこいぬ』

514UA6MEYdL._SX350_BO1,204,203,200_
画像出典:Wikipedia

かわいい×ハートフル枠の最高峰(?)。長年一緒にいた愛犬のはなこを亡くして悲しみにくれていた主人公・ほたるのもとにある日やってきたのは、庭のきのこーーではなく、きのこいぬ。きのこがにょきっと生えてきたと思ったら2足歩行であるくかわいい謎の生物に。きのこいぬと少しずつ心を通わせていくほたるに、だんだんと変化が訪れていく。メロンパンを食べたりたこ焼きを食べたり(ちなみに自分で作る)するきのこいぬが可愛すぎる。もっもっ、ていう擬音がたまらない……。たまに目頭が熱くなる良作。

21. 『恋するシロクマ』

51qtD78s36L._SX353_BO1,204,203,200_
画像出典:Wikipedia

『くまみこ』や『あしょんでよッ』など動物がかわいい漫画が最近増えているけれど、シュールでかわいい異色作がこちら。食べる・食べられるの関係であるはずなのに、シロクマが恋をしたのはアザラシだった……。大好きなアザラシを追いかけるシロクマと、彼の愛を信じられず怯えつづけるアザラシ。ちなみに、両方オス。この恋の行方はいかに!? 癒されたい人と暇を潰したい人にとてもおすすめ。

22. 『夏の前日』

51fqHeIZ8UL
画像出典:Wikipedia

美大生・哲生が出会ったのは、画廊の店長で、和服をまとった大人な女性、晶。作品に没頭する哲生への晶の想いと、若さを持て余した哲生の熱。体を重ねた日から始まった二人の恋と、長い夏の日々。夏独特の焦りやまぶしい記憶、大切だった人を思い出すたび感じる苦みを、他にない画風と息づかいと熱気と冷静さで描いた名作。他人を傷つけてしまうから、自分も傷つかずにはいられない。

23. 『兎が二匹』

51pRsBGls5L._SX351_BO1,204,203,200_
画像出典:Wikipedia

骨董品の修理をする不老不死の女性・すずと、彼女に拾われ、彼女と生きたいと願う青年・サク。すずに頼まれ、泣きながら何度も彼女を殺すサク。お互いの幸せを望むほど、ふたりはすれ違っていく……。漫画の中のキャラクターがよく望む「不老不死」だけれど、実際にその力を手にしているすずの苦しさが胸に迫る作品。物語の中ほどには戦時中のシーンも登場して、嫌でも身近に感じる。生きるために必要なものを考えさせてくれる作品。

24. 『神様がうそをつく。』

51i7gryxgRL
画像出典:Wikipedia

転校してきた学校で、なつるは同級生の女の子・理生のある秘密を知る。弟とたった二人だけで、少ないお金をやりくりして暮らす理生との、小学校最後の夏の日々。少年と少女の幼い冒険が終わるとき、彼らにもたらされるものとは……。シンプルで少し語り切らないところがまた良い、切ない物語。手放したくない作品のひとつ。

25. 『夜の須田課長』

61BRvh8Qg8L._SX340_BO1,204,203,200_
画像出典:Wikipedia

イケメンでエリートな須田課長は常にパーフェクト。でも、彼の悩みは、奥さんとの「夜の生活」。ある日会社の後輩女子に無理やりトイレに連れ込まれて浮気をしてしまう須田課長、奥さんとの関係はどうなる!? 表題作「夜の須田課長」ほか5本が収録された短編集。どの作品も男女の間の感覚や性の切り取り方が誠実かつ新鮮で、何度も首を縦に振りたくなる納得感。息苦しさも喜びも、そうそう、そう思ってた! の連続。

26. 『町田くんの世界』

51tuUK6WXOL
画像出典:Wikipedia

成績は中の下、顔も普通で、不器用。運動神経もない。そんな町田くんですが、家族や近所のひとをはじめとする周りからとても愛されています。なぜなら、町田くんは「人が好き」だから……。これが少女漫画誌!? という驚きの新感覚作品。あらすじを説明するのはとても難しいけれど、読めばこの温かな空気に包まれるはず。思わず涙がにじんでしまう。今日がいい日になる。

まだまだ知らない面白い漫画が

ジャンルも作者もランダムに紹介してきましたが、まだまだ面白い漫画が世界にはたくさんあります。なるべく多くのいい作品が、なるべく多くの人に届きますように! ぜひ明日からが少し楽しくなる漫画ライフを楽しんでみてください。

Career Supli
漫画好きのつもりでしたが読んだことがない漫画がほとんどでした。世の中にはまだまだ面白そうな漫画がありますね。
[文]小林みずほ [編集] サムライト編集部

本棚