今の日本で誰を信じる?フォローすべき日本の10人

iStock_000020430310_Small 2

今の日本で誰を信じるべきか?

本屋にはいかにも読者に信頼感を抱かせようとするような肩書きの著者の本が無数に溢れていて、いったいどの人のどの本を信じればいいのかがわからなくなってしまいます。政治家やマスメディアはもちろん信用できません。

こんな今の日本で一体誰を信じればいいのでしょうか?ここではこのような疑問を持っている人のために10人の日本人を選びました。この人たちをフォローしていれば、情報があふれ返る現代社会を間違えずに生きていけるはずです。

フォローすべき日本の10人

1. 「常識を疑う目」堀江貴文氏

IMG_7697

元ライブドア社長にして現在はSNS株式会社オーナー・株式会社7gogoのファウンダーなどを務める堀江氏。マスメディアなどでは面白おかしく取り上げられていますが、著書『本音で生きる』『ゼロ―なにもない自分に小さなイチを足していく』などを読めば、堀江氏に対して世間が持っているイメージが間違っていることがわかります。

これらの著書から垣間見えるのは、自分の人生に対して誠実に向き合い、妥協せずに生きている1人の一流ビジネスパーソンなのです。誰かの価値観になびいたりしない堀江氏の発言をフォローしていれば、世の中から隠されている真実を見る目が養われるのではないでしょうか。

2. 「クールさと情熱を共存させる」猪子寿之氏

130327_Team_Lab_1070_i-1
画像出典:http://www.team-lab.com

プログラマーや数学者、デザイナーに建築家などあらゆる分野のスペシャリスト集団「チームラボ」の代表を務めるのが猪子寿之氏です。世界各地で賞賛を浴びるチームラボの代表として猪子氏は各方面で様々な発言をしています。

そのためプログラミングやアートの最先端にいる人間の発言をフォローしたいのであれば、猪子氏をフォローするのが最善でしょう。

同氏の特徴は「つながり」を大切にしている点です。チームラボは先進的な企業ですが「ノマド」「在宅勤務」というワークスタイルを禁止しています。これは実益性を考えてのことですが、根底には「仲間と一緒にいたい」という感情があるのだとか。

冷徹に世の中を見据えながらも、人と人とのつながりを大切にしているのです。これもまた猪子氏を「信じるべき人物」とする理由です。

3.「天才プログラマーから見る世界」真鍋大度氏

daito_profile_picture_2011
画像出典:http://www.daito.ws/biography

Apple社がMac誕生30周年に立ち上げたスペシャルサイト「Thirty Years of Mac」のキーパーソンの1人として選ばれた天才プログラマー、それが真鍋氏です。

プログラマー以外にもデザイナー、映像作家、DJなど多彩な肩書きを持っており、単なるプログラマーというよりはプログラミングを武器にあらゆる分野に進出するアーティストと呼ぶ方が適しているかもしれません。

公式ホームページのプロフィールに書いているように、「高解像度」「高臨場感」といった既存の価値観を掘り下げていくのではなく、プログラミングやコンピュータによって実現できる新しいものを常に追求し続ける人物です。

このような目線に立っている真鍋氏をフォローすることで、油断すればすぐに固定観念でカチカチになる頭を常に柔らかく保ち続けられるのではないでしょうか。

4.「人類の未来をフォローする」落合陽一氏

Prof.-Yoichi-Ochiai-Ph.D_avatar_1451744520
画像出典:http://bulk.co.jp/bloghomme/author/ochyai

デジタル機器とアナログ素材を組み合わせたビジュアルアートなどの研究で知られる落合陽一氏。2015年にはWorld Technology AwardのIT Hardware部門を、青色発光ダイオードでノーベル賞を受賞した中村修二氏以来の日本人受賞者となっています。

シャボンの膜をディスプレイの素材とする「コロイドディスプレイ」や、音響装置によって物質を浮かせて搬送できる「ピクシーダスト」などアニメーションやSFの世界で見たような装置を次々と発表しており、通称は「現代の魔法使い」。

落合氏の開発する装置はビジュアルアートとしてだけでなく、ビジネスとして今後生かされていく可能性を秘めているものばかりです。落合氏をフォローすること、それはすなわち「人類の未来」をフォローすることと言えるでしょう。

5.「働き方を見つめ直す」小室淑恵氏

img_komuro_message01
画像出典:http://www.work-life-b.com/

株式会社ワーク・ライフバランスの代表を務め、全国900社をコンサルティングしながら国会やTED×Tokyoなどでもスピーチを行っている小室氏。

ワーク・ライフバランス社では従業員の「全員定時退社」と「経常利益増」を実現している人物です。ワーク・ライフバランス以外にも女性活用の重要性と実効性を強く訴え、著書『女性活躍 最強の戦略 (日経DUALの本)』では日本経済にとっていかに女性活用が喫緊の問題か、そしてその問題を解決するにはどうすれば良いかについて書いています。

今後日本では人口減少とともに働き方や仕事と生活のあり方には大きな変化が生まれます。その時になって戸惑わないように、今から小室氏をフォローして自分のあり方を見つめなおしておきましょう。

6.「好奇心の持ち方を学ぶ」糸井重里氏

ABCP8294

映画『となりのトトロ』のキャッチコピー「このへんないきものは まだ日本にいるのです。たぶん。」などで知られ、現在はウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を始めとしてマルチに活躍するのが糸井重里氏です。

糸井氏の魅力は「好奇心の持ち方」にあります。世の中がまだ興味を抱いていないだけで、実はとても重要な事柄に好奇心を発揮し、どんどん掘り下げていくのが糸井氏なのです。

例えば『お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ』は糸井氏自身の疑問を「お金の神様」と呼ばれる邱永漢氏にぶつける対談本ですが、あまりにも身近な「お金」にスポットを当てることで新しいお金観を提示しています。

世の中のどういったところに面白いものや大切なものが隠れているのかを、糸井氏は教えてくれるのです。

7.「縦横無尽に思考する」松岡正剛氏

seigow
画像出典:http://es.isis.ne.jp/principal.html

松岡正剛氏は感情を含むあらゆるものを情報と考え、それらを編集することで新しい情報・価値を生む方法論「編集工学」の創始者です。現在はこの方法論を身につけ、情報編集力を養成する「ISIS編集学校」を主催しているほか、編集工学を応用して社会の問題解決を行う「編集工学研究所」の所長として活躍しています。

松岡氏の特徴は縦横無尽な思考力です。その最たるものが処女作『自然学曼荼羅』にあります。インド哲学と物理学、生物学と神秘学、現代美術とタオイズムなど一見するとつながりのないものの中につながりを見出していくその手法は、まさに圧巻。この手法は現在の編集工学にも生かされています。

松岡氏をフォローすれば「編集」的な視点が身につき、世界を見る目がガラリと変わるかもしれません。

8.「『現代批評』を身につける」東浩紀氏

azuma
画像出典:http://peatix.com/event/48849

思想家であり、作家であり、現代批評家である東浩紀氏。あらゆる分野の第一人者をゲストとして呼び、対談を実現する「ゲンロンカフェ」や評論家・佐々木敦氏やSF書評家・大森望氏などを講師とする「ゲンロンスクール」などを運営する株式会社ゲンロンの代表を務めている人物です。

これらの事業を見てもわかるように、現代社会における様々な事象をどのように見ればいいのか、どう考えていけばいいのかについて掘り下げてくれます。東氏自身も重要な思想家で、現代思想とオタク文化をクロスさせて社会を批評する論客でもあります。

同氏の主催するイベントや同氏の発言は、はじめは難しいかもしれません。しかしよりメタな位置から社会を見るためには東氏をフォローしないわけにはいかないでしょう。

9.「真の教養のために」出口治明氏

IMG_0792

60歳にしてインターネットで保険を販売するライフネット生命保険の代表取締役に就任した実業家、出口治明氏。同氏の魅力はそのビジネスマインドにもありますが、なんといっても無類の読書家としての魅力が大きいでしょう。多くの出版社から数々の読書に関する著書を出しており、一流ビジネスパーソンの目から見た読んでおくべき古典などを提案してくれています。

特に歴史に造詣が深く直近では『「全世界史」講義』シリーズを刊行し話題を呼びました。同シリーズは無味乾燥な歴史の教科書のようなものではなく、歴史の流れをわかりやすくダイナミックに理解するとともに出口氏の「自分だったらどうするか」という考えも盛り込まれているため、歴史の教養のみならずビジネスの素養までも学べる一挙両得のシリーズです。真の教養を身に付けたいという人は、出口氏をフォローすべきでしょう。

10.「ビジネス思考を研ぎ澄ませ」大前研一氏

main_img_010
画像出典:http://www.kohmae.com/

1972年から1994年までマッキンゼー・アンド・カンパニーで活躍し、世界中の大企業やアジア・太平洋における国家レベルの経営コンサルタントを担当してきた大前研一氏。この経歴からもわかるようにビジネス思考を磨きたいのであれば、まずフォローすべき人物です。

また大前氏の言葉に耳を傾ける意味として、政治に関する発言が多い点も挙げられます。同氏の政治観が正しいかどうかということではなく、政治を一流の経営コンサルタントの目から見るとどのように考えられるか、を学ぶ上で同氏の発言は一聴に値します。

政治とビジネスは切っても切れません。一人のビジネスパーソンとして政治に対するスタンスを持つためにも、大前氏のフォローは必須です。

最後に判断するのは自分だ

ここに挙げた10人をフォローしていれば、各方面での第一線の情報や価値観を手に入れることができるはずです。しかしそれらを手に入れたからといって、自分の頭で判断しなくていいということにはなりません。

「最後に判断するのは自分」その大原則を忘れないようにしましょう。

Career Supli
これらの人たちが発信する情報を継続してウォッチしていくことで、時代を見極めるヒントが得られるでしょう。
[文]鈴木 直人  [編集]サムライト編集部

iStock_000020430310_Small 2