転職エージェントって意味ありますか?アデコの現役コンサルタントに直撃インタビュー

多くの人が経験する転職。賢く活動したい!

新卒から定年まで同じ会社で働く人はどのくらいいるのでしょうか?現代では、多くの人が一度や二度は転職を経験します。

だからこそ、知っておきたいのが「転職エージェント」の活用方法です。なんとなく、希望じゃない企業をゴリ押しされるのでは?個人で活動した方が有利なのでは?など不安に思う方もいるでしょう。

そこで、転職エージェントのアデコでコンサルタントをしている山田さんに、賢い転職の方法や普段聞きにくいことを聞いてきました。

「転職エージェント」って何をしてくれるの?

-「転職エージェント」って、いまどれくらいの人たちが利用しているんですか?

そうですね。今、転職を考えている方はほぼ利用されてるんじゃないかなって思います。年代を問わず、新卒の方も登録して転職支援を受けることもありますし、自分で活動しながらエージェントも使って、両方で活動する方が増えています

新卒で使った方が中途で転職するときにも使いますので、幅広い方が利用しています。職種によっては、人脈で決まっていくことが多い業界もあるようで、そういうところだと活用度は低いかもしれないですけど。

-転職のサポートとは、具体的にどのようなことをしてもらえるのですか?

まずは、転職を考えたキッカケ、ご希望の転職先、転職を契機に今後どうしていきたいか、きっかけとなった事が改善できる転職とは、どういうものかといったお話をさせていただきます。そして、それを元に求人のご紹介をさせていただきます。もしその中で合致するものがあればエントリーしていただくというのが一番始めにすることです。

エントリーを進めてからは、必用書類を出していただき、添削が必要なら添削します。面接まで選考が進んだ時には面接の具体的なアドバイスもいたします。

いくつかの案件を同時進行で進める場合は、スケジュールの調整をしたりですとか。内定が出れば、期限までにいくつ持てるか調整、そのあと意思決定のお手伝いをします。

-転職エージェントを利用する人はどのように活用するのが一番賢い使い方ですか?

人によって転職エージェントに対するニーズって違うんですけど、付き合い方としては転職する理由など、本音ベースで話していただいた方がいいと思いますね。中には体裁を整えて表向きの話だけをされる方もいるんですけど、我々は転職希望者の方をサポートするのが役目です。

本音の部分も正直にお話いただくことで、よりその方にあったアドバイスやご提案が可能になります。基本的には仲間というか、パートナーとして話ができれば良いお付き合いができると思います。

ただ、場合によってはご本人の意に沿わないようなお話や、厳しい情報を提供しなければならないこともあります。今の経験やスキルではこの希望は難しいかもしれないということをお伝えして、希望の見直しをお願いすることもあります。

もしそこで意に沿わない話であれば、他のエージェント行きますという判断もあると思います。おそらく他に行っても同じようなことを言われることがケースが多いと思いますが、そこは客観的に聞いて判断してもらえればといいと思います。

求人を「ゴリ押し」されたりしませんか?

DSC_0908

-あまり希望に沿わない企業をゴリ押しされるんじゃないかと心配する人もいると思うんですけど、実際はどうなんですか?

コンサルタントにも、思い入れのある企業があったり、「この人にはこの企業が合う」という確信を持ってオススメすることもあり見極めが難しいのですが、違うと思ったら率直にノーと伝えていただくのが良いと思います。自分はこう思う、こう考えたいとかを遠慮せずに伝えてください

-転職したい人とコンサルタントで、相性とかもあったりするんですかね。

そうですね。相性もあると思います。なかなかご自身で判断ができず、判断が鈍ってしまう方には、「こういう考え方もありますよ」と押してくれるコンサルタントがやりやすいと思いますし、全部自分で判断したいから、情報だけくれって方もいるでしょうから、コンサルタントとの性格や、やり方の相性の良し悪しはあると思います。

-転職しようと思ったときに、同じ求人が企業のウェブサイトに乗ってたとするじゃないですか。それなら、個人でウェブサイトから応募したほうが通過する確率が上がると思っていたのですがどうですか?

企業のウェブサイトからは多くの人が応募してくるので、応募数が多いケースが多いと思うんですね。人事の方もその人たちをすべて見て面接するのは難しいです。エージェントというのは、フィルターをかけて企業と合う方というのを出していますから、ネットでエントリーするよりも通過率は高いはずです。選考を進める際にも、面接などの具体的なアドバイスをさせていただくので、成約率が高まります。企業によってはコンサルタントが役員の性格や、好みまで把握している場合もあります。

我々を通じて採用を決めるとお金がかかりますが、企業のウェブサイトを通してきた応募の採用は無料でできるので、「ちょっと経歴が弱そうだけど、無料だから会ってみようかな」というパターンは場合によってはあるかもしれません。

ただ、一定以上の企業規模になると、あらかじめ年間計画に採用の予算は計上していますので、そこで予算を削減するということよりも、より良い人を採用したいと考える人事の方が多いのではないかと思います。

-確かに個人で書類を突破するのはけっこうハードル高いんですよね。たとえば、経歴に転職が多かったりして普通にに応募しても書類が通りにくそう、みたいな人はエージェントを通したほうが確率はあがるかもしれませんね。

そうですね。その人の良さを伝えるというのがコンサルタントの役割のひとつです。事情があっての早期転職があった場合にも、その事情を企業にお伝えすることもできますし、ハードルの高い大手の企業だと経歴自体でダメってケースが多いので、そこをあまり気にしない優良な会社の情報を、こういったいい会社がありますよってことで、転職希望者に提供して両者を結びつけいていく役割もあります。

今の仕事と、転職先の仕事

DSC_1006

-転職する人は、「お給料が上がったらいいな」と思っている方が多いと思うんですけど、転職することによって給料アップする方はどれくらいいますか?

一番多いのは前職並という人です。やはり、企業も現状の給料をベースに考えてくれるので。アップするケースも当然ありますけど、確率として高いかというとそうでもないです。年収だけではなく、ほかの希望を含めて総合的に判断する方の方が転職に満足している傾向が高いです。

年収が高いほど企業は、それ相応の成果に対するプレッシャーや、すぐに成果が出ない場合は解雇のリスクもありますので、会社の成長性や、ゆくゆくどれくらい上がりそうかを含めて考えたほうが良いと思います。

-これから転職をしたいなと考えている人が転職を有利にするために今いる会社でできることはありますか?

いま与えられている仕事やミッションを一生懸命やって実績を出しておくことですね。いまの仕事にコミットしないので先に行きたいって話でも、じゃあいまの仕事はちゃんとやっているのか、実績を出しているのかとか問われるので。いまの業務で実績出したってことは、次の転職で評価されますね。単純に逃げ出してるだけっていうのは、やはり印象はよくありません。

別の方向性に行きたいと考えている場合は、それに向かってなにかアクションしてますか?とか本気度を探るために人事担当者も確認をしてきますから、勉強や今の仕事のなかでも意識した動きをすることは大事です。

-プロの目から見て、転職がうまくいく人とあまりうまく行かない人の差ってどういうところにありますか?

やりたい方向性や志向が固まっている方じゃないとなかなかうまくいきません。面接にいって「何をしたい、どうしたいか」が言えないと思うので、企業の方にも、場当たり的で入ってもすぐにやめちゃうだろうと思われてしまうんですね。ご本人の志向がある程度固まっていて、「それが合致する会社がここだ」っていう思いが持てる人が成功しますね。

-やはりこれをやりたいという「本気度」が重要ですね。それに加えて、転職エージェントでサポートを受けられれば、よりその情熱を絶やさず転職活動ができそうです。本日はありがとうございました!

それではここで転職エージェントの活用方法を編集部目線でまとめてみます。

転職サイトは自分にあったものを選ぶ

転職サイトはリクナビをはじめ、マイナビ、エン・ジャパンなどの大手サイトやキャリアトレックなどの高収入求人に特化したものなど様々です。

大手のサイトはどれも同じに見えますが、よくよく見ていくとこのサイトは◯◯系に強いなど、特色がありますので、自分が狙う業界に適したものか判断してください。

転職サイトで気になる情報を見つけたら、それを元に転職エージェントに相談するなどの使い方をするのがよいでしょう。転職エージェントとのやり取りをメールだけですませようとする人もいますが、それだとやはりなかなか結果は出にくいようです。転職サイトを入り口にして、面倒でも転職エージェントのオフィスにも積極的に訪問することをお勧めします。

転職サイトに登録する時は「キーワード」で検索を意識する

転職サイトに登録する時は細かくこれまでの経歴を入力します。この経歴の登録が転職が成功するかどうかの重要なポイントになってきます。なぜならばこの内容があなたを転職エージェントがスカウトするキッカケになるからです。

そしてこの時に意識したいのが「キーワード」です。エージェントがそのワードで検索した時に引っかからないと、あなたの存在が認識されない可能性があります。なのであなたの専門領域に関わるキーワードをなるべくたくさん入れるように意識した方が良さそうです。

スカウトされたらひとまず返信しよう

転職サイトに登録すると転職エージェントからいろいろなオファーがきます。自分があまり関心のない企業の場合、そのメールを無視してしまう人が多いのですが、興味がない場合でも返信するのが得策です。

あなたが返信してはじめて転職エージェントにあなたの個人情報が伝わります。そのため興味がない場合でも返信することで、他の求人を送ってもらえることにつながっていきます。エージェントがあなたに1通のメールを送るのにもコストがかかっていますので、ノーレスの場合は次の連絡を躊躇してしまいます。最短で転職活動を成功させたければ、返信をしましょう。

転職エージェントには2つのタイプがある

転職エージェントには2つのタイプがあります。求人案件を開拓するスタッフと、候補者を面談するスタッフを分けている分業体制型と、一人の担当者が求人案件の開拓をする一方、求職者の面談もして適切な人材と求人のマッチングを行う専属型です。

分業体制型の企業であればより多くの求人を紹介してもらえる可能性が高いですが、その組織の体制によっては、面談する人が、求人企業の理解や求めるものについての情報が浅い場合があります。自分で人事担当者と会っているわけではないため、情報が又聞きになり、情報の精度が低くなることがあるのです。

それに対し、専属型であれば求人企業との情報交換はしっかりと出来ているのでミスマッチは起こりにくくなりますが、分業体制型の企業よりも紹介できる企業が限られてしまう可能性は出てきます。その辺りを踏まえながら、自分にあったタイプのエージェントを活用しましょう。

良い転職エージェントは時間をかけてくれる

利用する転職エージェントによっては、サービスの質よりも、業務効率を優先して、求職者と面談すらしない場合があります。面談も電話で5~10分程度で済ませようとする場合もあります。

一方で丁寧な転職エージェントは、しっかりと面談をして、惜しみなく時間をかけてくれ、模擬面談なども行ってくれます。優秀なエージェントほど、丁寧にサポートしてくます。

丁寧にサポートすることによって採用の確率が高まると考えているからです。ダラダラ時間をとられても迷惑なだけですが、いい転職エージェントは意味のあるサポートをしっかりと提供してくれるので、ちゃんとサポートしてくれる人なのかどうか、参考にしてください。

転職エージェントとの信頼関係を築くコツは即レス

転職エージェントとの信頼関係を築くコツは、日程調整やオファーに対して即レスすることです。複数の転職希望者を相手にしている転職エージェントは常にスケジュールの調整を行っているため、即レスしてくれる転職希望者は非常にありがたいのです。そうして転職エージェントからの信頼が高まると、優先度をあげて対応してもらえるようになります。

直接応募では、返信がもらえないことも多い

企業のオフィシャルサイトからの直接応募では、返信がない場合が多いです。理由としては、厳選して面接をして人だけに連絡をする企業が多いため、よほどその人事の希望する経歴にピッタリあった人しか面接にすすむことが出来ません。

そのためほとんどの人は転職エージェントを通して応募した方が面接までいける確率が高まります。直接応募した方が確率が高まると考えている人が意外と多いのですが、正しくありません。

[文・編集] サムライト編集部