異業種への転職は難しい?新たな道を切り開いた人の方法とは

iStock_000022188653_Small

転職成功者の平均年齢が上昇

厚生労働省が昨年11月に発表した2014年10月度の有効求人倍率が、1.1倍と高値を更新しました。景気回復や、IT・建築などの業界を中心とした採用条件の緩和がミドル層(35〜44歳)の転職意識を上げ、さらに人材の需要も高めています。こうしたことから、ミドル層を中心に転職成功者が増え、40歳以上の転職者は7年半で5.4倍になったという調査結果も出ています。

35歳が転職限界説は過去?

かつては転職できるのは35歳までと言われていましたが、その状況は大きく変わってきています。何歳かということよりも、キャリアそのものが問われる時代になってきています。また、ビジネスモデルの変化が早くなっているため、経験者がいない新規事業などでは、複数の業種や業界を経験している、豊富なキャリアが評価される場合も増えてきています。

転職者のうちおよそ半数が異業種転職をする時代になりました。「35歳が転職限界説」も「異業種転職厳しい説」も過去のものと言ってよさそうです。では実際に、異業種への転職を成功させた人達の事例をご紹介します。

1. 区役所勤務から大手のクリエイティブエージェンシーに転職

iStock_000051416414_Small
28才で都内近郊の市役所に勤務していた吉田さん(仮名)は、あるドキュメンタリー番組で有名なクリエイターの仕事ぶりを見たのをキッカケに、自分も最先端のテクノロジーを使って、驚きや喜びを伝えることができるようなモノをつくる仕事がしたいと考えるようになりました。

ただ、今まで実務では、そういった経験が一切なかったので、普通に正面から面接を受けても難しいことはわかっていました。そこで吉田さんは転職のキッカケになるような人脈をつくることを考え、大手の出版社が実施している企画塾の年間コースに参加することにしました。

その塾は定期的に有名なクリエイターやプランナーがゲストとして招かれ、毎回出されるお題に対して塾生が、企画を提出するという内容でした。吉田さんは毎回招かれるゲストのtwitterやFacebook、著書などを読み込んで、その人の好みや考え方などを研究して、毎回必死で提案したそうです。始めのうちはまったく企画のコツが掴めずにダメ出しされることも多かったそうですが、毎回講師に指摘された点を改善していくうちに徐々にコツがわかってきたといいます。

そしてある回のゲストとして来た大手のクリエイティブエージェンシーの役員の人に提案を気に入ってもらえて、それをきっかけにアルバイトとしてその会社で働きはじめます。そして1年後に頑張りが認められて、正社員という形で憧れの企業に入社することができました。

抜け道をさがせ

Aさんいわく「異業種への転職は決して簡単ではありませんが、諦めなければ必ずどこかに抜け道があるので、まずはそれを必死で探してください。バイトでもインターンでも何でも良いので、働きぶりを見てもらえる環境がつくれればきっとチャンスがあります」。人脈をつくるためにどんな方法が有効なのか考えてみるのは良いでしょう。一時期待遇が悪くなることも覚悟してある程度の蓄えをしておくと、思いきって飛び込むことができます。

2. アラサーでの転職決意!ウェイターからエンジニアに

iStock_000007884267_Small

飲食業に勤務し続けることに体力的な不安を抱いたことがきっかけで、29歳で転職を決意した山田さん(仮名)。当時加熱し始めていたWEBサービスに注目し、メールの送り方もWordの使い方も分からない状態でPCを購入。PCインストラクターをしつつ自力でスキルを伸ばす日々の中、エンジニアになりたいという思いが生まれます。

未経験ながら熱意と接客業で培ったコミュニケーション能力が評価され「技術は教えるからお客さん対応を頼む」と今の企業に採用されたそうです。自分では特に価値を感じていなかった接客能力ですが、業界が変わるとこんなに評価してもらえるのかと驚いたといいます。

未経験を恐れない

現在はエンジニアが足りていない企業も多く、やる気があれば採用をして育てるという方針の企業もあります。オンライン講座などでもプログラミングの基礎はある程度学ぶことができるので、スキルを磨きながら人が足りておらず困っている企業を探しましょう。

プロトタイプのWEBサービスを決められた時間内でつくるエンジニア向けのハッカソンが色々なところで実施されているので、こういったところに参加して、目に見えるサービスをつくり、それを転職活動の武器にするのもアリだと思います。使えるものは何でも活用していきましょう。一度企業でエンジニアとして働いた実績ができればより良い条件の企業にステップアップしていくことも可能です。

3. 発想の転換!WEB制作から老舗酒蔵のブランドマネージャーに

iStock_000017277227_Small
東京にある映画の宣伝を手掛ける企業でWEBサイトの制作を担当していた川口さん(仮名)28歳は、創業100年以上の歴史がある地方の酒蔵からヘッドハンティング会社を通して声がかかり転職。今では、「インターネットを活用した顧客開拓」を希望していたこの老舗企業で、伝統の味を日本全国に広める役割を果たしています。

視野を広げる

売上が下がっていく映画業界に危機感を頂いていた川口さんは当初、広告代理店やIT系の企業への転職を考えていたそうです。しかし、同じ業界に行くと自分の持つ能力はそこまで評価されないと考え、会社のWEBサイトも存在しなかった地方の酒蔵を選びました。

川口さんが普段行っていたWEBサイトの企画力やSNSの活用の仕方は、普段お酒を飲まない若い層にアプローチしたいと考えていた酒蔵とピッタリと合い、いまではお酒のラベルなどブランディング全般も任されるまでになったといいます。業界にとらわれず、自分のキャリアのコアがどこにあるのかを見極めてください。あまり同業種の人が行かない業界では、自分が優位に立てる可能性があります。逆張りの発想を常に持ちましょう。

4. 異色の転職!音楽業界からアプリ開発のディレクターに

Proud of the success we've achieved together

新卒から30歳までレコード会社で音楽制作を手がけていたが、事務所の方向転換を機に転職を決意した上杉さん(仮名)。これからはITだと考え、IT系の企業への転職を希望するも、全く経験がなかったためエントリーした会社すべてで不採用となります。

そこで作戦を変更し、いきたいIT業界の前に、1社挟んで経験を積んでから、転職する作戦を思いつきます。まずは自分の強みが活かせる、音楽配信を行なう企業に転職をして、そこで基礎的なITスキルを身につけてから3年後に再度IT業界への転職にチャレンジ。2社目での経験が評価されて、アプリの開発を手がけるIT企業にディレクターとして採用されました。

目標までステップを踏む

いきたい業界や会社に1度チャレンジしてダメでも、あきらめないでください。上杉さんのように今までやってきた業界と、いきたい業界の中間にあるような仕事を見つけて、経験を積みましょう。1つステップを踏むことでつぎのチャンスが拡大します。新卒でチャレンジしたけどダメだった業界なども、経験者採用ならそこまでハードルが高くない場合もありますので、ぜひ検討してみてください。

試してみよう

転職に遅いも早いもありません。自分のキャリアのコアな部分を理解しながら、思い切って自分のやりたいことにチャレンジしてください。常識的にみて無理そうだと思っても、本当にダメなのか試してみましょう。本人が想像もしていなかった理由で採用されることもあります。自分が納得できる仕事環境を手に入れましょう。

Career Supli
異業種への転職にハードルがあることは事実ですが、不可能ではありません。よく状況を観察して小さなチャンスを逃さない人がうまく異業種転職に成功しています。ぜひ参考にしてください。
[文・編集] サムライト編集部

iStock_000022188653_Small