人事の仕事ってどんなことやっているのか知っていますか?

You're hired!

人事っていったい何をしているの?

企業に就職したことがある人なら何かしらの形で人事と話したことはありますよね。しかし面接や採用に関わっていると知っていても、人事のそれ以外の仕事って意外と知らないのではないでしょうか。

確かに採用は人事の大切な仕事ですが、その他の仕事もとてもやりがいがあり、様々なスキルが求められます。ここではそんな人事の仕事について詳しく解説します。

人事の仕事を知ろう!

Below view of business people listening candidate at job interview.

人事の仕事は主に採用、評価・配置・異動、育成、給与、労務・厚生、職場の活性化支援の6つに分けられます。ここではこのうち給与、労務・厚生以外の4つについて解説します。

●企業を支える人材を掴め!「採用」

採用の仕事の最終的な目標は「人材確保を通じて企業の経営目標や経営ビジョンを実現すること」にあります。そのため行き当たりばったりで採否を決定しているわけではありません。

企業の目標やビジョンを前提として、「今、自社にはどんな人材が何人必要か?」を考えたり、そのような人材を集めるための方法や評価基準などを検討する必要があります。これを「採用計画」と言います。綿密な採用計画なくして採用の成功はありえません。

採用の方針を決定したら、そこからは就職活動サイトへの出稿や求人ページの作成、説明会やセミナーなどを通じた候補者集めが始まります。有名企業ならともかく、無名企業の場合は優秀な人材に自社を知ってもらうために知恵を絞らないでしょう。

候補者が集まれば実際の筆記試験や面接などを実施し、採否を決めます。しかし採用を決めたからといって相手が必ず入社してくれるとは限りません。

自社を選んでもらうためにも社員との交流などを通じての入社への動機付けをする必要があります。「採用」と一口に言っても、実に様々な仕事があるのです。

●モチベーションをマネジメントせよ!「評価・配置・異動」

社員の実績を適切に評価し、それを踏まえた効果的な配置や異動をするのも人事の仕事です。実際に働いていれば理解できるかと思いますが、評価・配置・異動は社員のモチベーションに直結します。

一生懸命努力して結果を出している社員がいるのに、それを正当に評価できるシステムを整備しなければ、優秀な人材が社外に出て行ってしまうかもしれません。

一方で「この仕事は自分に向いていない」とモチベーションが下がっている社員を別の部署に異動させて気分を一新してもらうこともできます。

評価や配置、異動がどのような影響を社員に及ぼすかを慎重に検討し、社員が高いモチベーションで働けるような環境を整えるのが人事の役割です。

●優秀な人材を作りだせ!「育成」

社員の能力を最大限に伸ばすためにも、「育つ仕組みづくり」は人事の重要な仕事の1つです。企業の成長のためには社員にどんな能力を身につけていって欲しいのか、そうするためにはどんな育成システムが必要なのかを考えていかなくてはなりません。

OJT(On the Job Training、職場内研修)は上司や先輩社員が実際の仕事を通じて部下や後輩の教育・指導に当たる育成方法です。誰に誰を教育係としてつければ良い効果が生まれるのか、教育係にはどんなフィードバックを与えていけばいいのかなど、ここでも考えるべきことは多岐に渡ります。

またOJTでは教育係との相性だけでなく、能力の差によっても教育される側の成長度が大きく変わります。仕事内容によってはこのような差は望ましくないため、全員が揃って知識やスキルを習得できるOFF-JT(職場外研修)を実施する場合もあります。

●もっと働きやすい場所に!「職場の活性化支援」

タテのつながりやヨコのつながりを活性化させる仕組みを作るのも、人事の仕事です。具体的には経営理念の浸透度調査や、現行制度の満足度調査、社員のモチベーション診断などを行ったり、社員旅行や運動会などの交流イベントの開催、SNSなどを利用した情報共有などを行います。

既存社員が自社を「居心地のいい場所」「働きやすい場所」と思えるようなアクションが必要です。経営陣を巻き込んでメッセージを発信したり、オフィスのリフォームなどによる社員間交流の活性化を行なう場合もあるでしょう。

今後の人事に求められるもの

Leadership concept
ITの発達による社会変化の加速化、グローバル化による人件費の問題や顧客ニーズの多様化など、企業を取り巻く環境は大きく変わっています。高度経済成長期の人事の仕事において重視されていたのは、どちらかといえば「現状維持」型のマネジメントでした。

しかし今後の人事においては「業績向上」「企業の成長」を大前提としたマネジメントが求められます。企業理念や事業計画を念頭に置いた採用計画や育成計画を立案し、実行する。そうした積極的なあり方が求められているのです。

そのため「優秀な人事」には単なる利害調整スキルだけでなく、「自社の抱える人的課題はどこにあるのか?」という課題設定スキルや、その課題を解決するために効果的な施策を立案するための企画力、そしてそれを実現するための実行力などが必要とされます。

逆に言えば人事としてスキルを磨いていけば、こうした他の場面でも活躍できるスキルを身につけることができるでしょう。

人事という仕事の魅力

Successful business woman getting a promotion

人事の最大の魅力は「人と繋がれる仕事」である点です。人と人を繋ぎ、人の人生に関わり、人を育てていく。自分が関わった社員が大きな成果をあげたり、飛躍的に成長していけば、大きな充実感を得ることができますし、それが企業全体の活力につながればさらに大きな達成感を味わえるはずです。

確かに嫌われ役を引き受ける場面もあるかもしれません。しかし自分の信念やビジョンにしたがって行動すれば必ず自分の糧につながっていきます。これをきっかけに人事という仕事に興味を感じたら、ぜひ自分なりにもっと調べてみてはいかがでしょうか。

参考文献『マンガでやさしくわかる人事の仕事』
Career Supli
以前はビジネスを成功させるために必要なのは、ヒト、カネ、モノと言われていましたが、今は圧倒的にヒトが重要になってきています。その中心を担う人事という仕事は会社の将来を大きく左右する非常に重要なポジションです。
[文・編集]サムライト編集部

You're hired!