人見知りは武器だ!克服せずに最大限に活用しよう

「人見知り」はスキル

「人前に出ると緊張で頭が真っ白になる」「初対面の人とうまく会話がつなげない」「自分は人見知りだ」そんなふうに考えて、つい他人との接触を避けてしまう人は、実は損をしています。というのも人見知りという性質は使いようによっては非常に強力な対人スキルにもなりうるからです。

それを使わずに人と会ったり、人前に立って自分をアピールするチャンスを逃しているのはもったいないと言わざるを得ません。ここでは人見知りが持つスキルと、そのスキルを最大限に活かす方法について解説します。

「人見知り」が持つ優れた能力

人見知りの悩みの定番といえば「他人の顔色をうかがいすぎて疲れてしまう」「他人との衝突を避けすぎて自分の意見が言えない」といったもの。しかしこれらは裏返すと次のようになります。

・他人を観察し、気を回すことができる。
・必要のない対立を避け、物事を穏便に進められる。

これはまさに現代のリーダーに求められているスキルです。シンクタンク「ソフィアバンク」の副代表を務める藤沢久美さんの著書『最高のリーダーは何もしない』では、現代におけるリーダーシップの変化が指摘されています。

それは従来のチームメンバーをぐいぐい引っ張るカリスマ型リーダーシップから、自分のビジョンを根気よくメンバーに伝え、チームに自律的に動いてもらうビジョン型リーダーシップへの変化です。

藤沢さんは著書の中で、この新しいリーダーシップを発揮するためにはリーダーが「嫌われない人」でなくてはならないと書いています。嫌われていては、チームにビジョンが浸透せず、自律的に動いてもらえないからです。この条件はまさに人見知りの持つスキルと一致しています。

そうは言ってもこれは人見知りの性質がプラスに働いたときの話。実際に他人の顔色をうかがいすぎて自分の意見が言えないようでは、ビジョン型リーダーにはなれません。コンスタントに人見知りの性質をプラスに働かせるには、1つの意識改革が必要です。

それは「考え抜く」こと。人見知りの人に多いのが「他人の顔色をうかがいすぎて疲れてしまう、だから考えすぎないようにしよう」といった意識です。

しかしこれは全くの逆で、本当はもっと考える必要があるのです。考えすぎないようすると、本当に他人が何を考えているのかは把握できません。これに対して徹底的に顔色をうかがうと、つまり相手を冷静に観察・分析すると、相手の考えていることがわかってきます。

相手の考えていることがわかれば下手に緊張する必要もないので、人見知り特有の慎ましさは保ちつつも、余裕を持って人と接することができるというわけです。結果、「逃げるという消極的な意味ではなく、他人との関係を円滑にするという積極的な意味で他人との衝突を避けられるようにもなります。

PDCAを回して人間観察を極めるべし


「徹底的に顔色をうかがう」そして「積極的に他人との衝突を避ける」ための具体策として、人間観察にPDCAサイクルを持ち込むという方法があります。

●人見知りにとっての最重要フェーズ「P」

P(Plan)のフェーズでは相手の行動を観察して、傾向を分析します。おいそれと「Do」のフェーズに入れない引っ込み思案の人見知りにとっては、このフェーズが非常に重要です。

このときのポイントは事実だけを見ることです。例えば相手が職場の同僚だとして、書類の入ったファイルを自分の机にたたきつけ、「これよろしく」とだけ言って去って行ったとします。

これを「相手は自分のことを嫌っている」とか「相手に低く見られている」と見るのは、主観の入った観察です。同僚は「お前が嫌いだ」「お前には資料作成がお似合いだ」と言ったわけではありません。もちろんその可能性はありますが、はっきりしないことを想像で補うのは少なくとも客観的な観察ではないでしょう。

この場面で確かに言えるのは同僚がファイルを叩きつけたこと、詳しい説明もなく挨拶だけで去って行ったことだけです。それ以外の情報を付け加えてはいけません。

客観的な情報はたくさんあるほど正確に傾向を分析できます。先ほどの同僚について、仮に以下のような情報が集まったとしましょう。

・毎回前述のようなファイルの渡し方をする。
・仕事が終わると毎日のように「飲みに行かないか?」と誘ってくる。
・体育会系のガサツなノリが多い。
・「他人に自分の考えを説明するのが苦手」とよく話している。

この情報を分析すると、この同僚が前述のようなファイルの渡し方をするのには、次のような裏があると考えられます。「自分のことを慕っているが、自分の考えを説明するのが苦手なせいで、ファイルの中の書類をどうして欲しいかが説明できない。

叩きつけるように渡すのは、単に性格がガサツなだけ」こうして分析できれば、この同僚に対しての接し方をこちらが変えることができるはずです。また、客観的に相手を分析するにはノートなどにメモをとってアウトプットするようにしましょう。

頭の中だけで考えていると主観が入り込みやすいからです。紙やスマホにアウトプットすれば、後から見直して主観を取り除きやすくなります。

●勇気を振り絞る仮説検証フェーズ「D」

いよいよD(Do)のフェーズです。Pで立てた相手についての仮説を検証するために、勇気を振り絞って接し方を変えてみましょう。先ほどの同僚ならば、書類を渡してきたときに「おーい、○○。このファイル、来週のプレゼンに関するデータが入っているけど、パワーポイントに落とし込んでおけばいいのか?どのデータを優先したいとかあるなら、今のうちに言っておいてくれよ」といった具合です。

相手は説明下手なので「これなに?」と漠然と聞いてしまうと答えに困ってしまいます。そこで具体性を持たせて質問を投げかけ、相手が答えやすくしています。最後に「急にファイルを置くとびっくりするから、次からはもう少しお手柔らかに頼むよ」などと付け足せば完璧でしょう。

●仮説の正否を確認するフェーズ「C」

次にC(Check)のフェーズに入ります。Dで行った仮説検証に対する相手のリアクションを冷静に観察して、Pでの仮説が正しかったのかを確認します。

この同僚の場合、仮説が正しければにこやかに去って行くでしょうし、不機嫌になるようなら仮説を修正する必要があるでしょう。ここでも相手への苦手意識などに左右されて、観察が主観的にならないように注意します。

●相手の傾向をより明確にするフェーズ「A」

PDCAのAは一般的にActionとされますが、ここでは『鬼速PDCA』の著者で株式会社ZUUの代表取締役社長兼CEO・冨田和成さんにならって、Adjust(調整する)としましょう。

このフェーズではCで得られた新たな情報を相手の分析結果に加えて、より相手の傾向を明確にしていきます。そのためたとえ仮説が正しくても、一定の修正は必要になります。

例えばこちらの指摘に対して「ありがとう。お前がそうやって聞いてくれると、こっちも説明しやすい」と言ってきたら、この同僚に対して「自分の非を素直に認め、他人の気遣いに気づける人物」という分析も可能になります。次のPのフェーズでは、これを踏まえてこの同僚に仕事を頼んだり、指摘をしたりもできるかもしれません。

このPDCAをより多くの人に、より詳しく実践していけば、自ずと相手を必要以上に恐れなくなっていきます。相手の求める対応がわかるので、これまで以上に無用な衝突も減ります。人見知りのスキルを最大限プラスに活用すると、人見知りは人見知りでなくなるのです。

「人見知り」を武器にしよう!


人見知りの本来持っている性質を、プラスの方向にフル活用すると、それはこれからの時代のリーダーシップにつながる武器になります。使いこなせれば、職場や家族の中での評価も上がるでしょう。もう人見知りを自分の弱点として抱えるのは止めて、これからは武器として活用していきませんか?

参考文献『最高のリーダーは何もしない』 『鬼速PDCA』

 

Career Supli
タモリさんが面白い人は絶対人見知りと言っているのを聞いて以来、人見知りの人がちょっと羨ましかったりします。自分の性格とうまく付き合っていきましょう。
[文]鈴木 直人 [編集]サムライト編集部